長財布はどのように手入れすれば良いか

長財布を大事に使っていこうと思うのであれば、こまめなお手入れも重要なポイントになります。まずはどんな素材を使っているかですが、殆どの財布は革でできていることが多いので、その手順でお手入れをする事になります。基本的には革であれば使えば使うほど手に馴染んでくるので、使い続けていくことが最大のメンテナンスでもあります。けれども、時には汚れたり水に濡れたりする事もあるでしょう。普段からしておきたいこととしては、表面の汚れは軽く落としておくことです。ブラシや柔らかい布などを使って軽く拭きます。ごしごしと力を入れる必要はありませんので優しく手入れをしてあげるだけでも、かなり良い状態を保てますし、変化を見逃す事が少なくなるのでしっかりチェックも兼ねて行いましょう。

日常的に使う時に気をつけておきたいこと

長財布を使う時に注意したい事は、ものを一杯に詰め込むことです。現金がたくさん入っているというのであれば問題ないかもしれませんが、レシートを山のように入れっぱなしにしていたり、キャッシュカードやクレジットカード、会員カードなどのカード類をぎゅうぎゅうに入れているのは形も変形してしまうのでよくありません。また、水に弱いので雨が降っているときや湿気やすい時期には、濡らさないように気をつけるようにしましょう。日頃の使い方もメンテナンスの一つといっても良いぐらいなので、丁寧に使うことを心がけていって下さい。手に馴染んでいくほど深い味わいを見せてくれるようになりますから、こまめに中身の整理をしながら外の状態も綺麗にしていけば、長く使っていけるようになります。

道具を使って行うお手入れもあります

普段から乾拭きをしたり整理をして大事に使っていても、時には道具を使って行うメンテナンスが必要になる事もあります。時々はクリームを使って油分と水分を補給してあげる事で、革の長財布の状態もより長持ちさせる事ができます。この手入れは一ヶ月に一回を目安に行うようにすればいいでしょう。やりすぎもよくないので、こまめにクリームを塗るとしても、2~3週間に一度ぐらいで十分です。財布も使い込めば使い込むほど、経年変化という形で味わい深い色味、雰囲気を作り上げていきます。同じ財布であったとしても、使っている人によって違うような見た目になるのはその為です。大切に使っていくことで自分だけの財布に変化していきますので、お手入れも心を込めて丁寧に行うようにしましょう。