長財布が持つ魅力について解説します

折りたたみ財布と長財布ではどちらが使いやすいのでしょうか?折りたたんでしまえば、ポケットに入るほど小さくなりますし、手に持ちやすいという利点があります。長ければ、お札やレシートなど綺麗にしまえますし、カードの出し入れもしやすいイメージがあります。それぞれ良いところはあるのですが、長財布は、大きく存在感があるのでオシャレに見えますね。また、最近では肩掛けもできるものがあり、小さいながら、バッグとしての機能を備えているものもあります。女性の場合、小さなバッグを持つのなら、この財布一体型バッグを持つ方が、買い物もしやすいですし、アクセントにもなり、同時に可愛さも表現できてしまいます。自分の行動によって、使いやすいものを選択してみましょう。

男女どちらでもオシャレに決まる

財布をみればその人が分かる、といわれるように、財布には人柄がでます。では、男性でも女性でも持ちやすい財布とは、どんなものなのでしょうか。財布を選ぶ際、大半はその人の用途や好みで決定されますが、男性の場合、仕事でもかっこよくスマートに使いたいとのことで、そのフォルムから長財布が指示されることが多いようです。胸ポケットへの出し入れもしやすいところが、にくいですね。カードがたくさん入り、お金の出し入れがしやすい、チケットや大事なものを折らなくてもしまえるなど、女性にもメリットが多くあります。買い物好きな女性には長財布が向いているようですね。また、バッグに服や化粧品など様々なものを入れているので、二つ折りよりもかさばらなくていいようです。男女とも、メリットは違いますが、オシャレにスマートに、がキーワードのようです。

折らないことが、幸せをもたらすかもしれない

持っていると幸福になる、と聞いたことありませんか?実はこんなエピソードが数多くあるのです。それは、二つ折り財布では実現できないようなのです。真っすぐにしたお札を、外に出にくいように上向きに財布にしまいます。そうすると、出て行ったお金も不思議と戻ってくるのだそうです。折りたたんでしまうとお札が窮屈に感じるので、折りたたまないようにしている方もいらっしゃるようです。また、中身がレシートだらけゴミだらけで散らかっているとお金が入りたくないと拒否をするようなのです。財布の中はいつもきちんと整理しておくことが大事なのかもしれません。お金に好かれる、という意味ではたたまないほうがいいのかもしれませんね。財布は個性がでますので、可愛くかっこよく持ち歩いてください。